議決権行使

1. 議決権行使の目的と基本方針について

  • 議決権の行使は、運用財産に係る受益者の利益の向上を図るためのみに行い、弊社又は受益者以外の第三者の利益を図る目的での行使は行いません。
  • 受益者の利益とは、企業価値(株式価値)の増大、またはその価値の毀損防止を意味します。
  • そのために、弊社は体制を整え、かつその実行を図っていきます。
  • 国内株式のみならず、外国株式に係る議決権の行使についても、当該国の実情にあわせ適切にその指示を行っていきます。
  • 売却済みの株式に関しその議決権を有している場合にも、その行使をいたします。

 

2. 議決権行使の体制について

  • 議決権行使は、弊社のガイドラインに則り運用担当者が個別議案を検討し賛成・反対等を最終決定するものとします。

 

3. 議決権行使のガイドライン

議決権行使の基本方針として、下記の項目等を参考として議決権行使の判断を行います。

  • 取締役の選任・責任・免責等
  • 取締役会の構成
  • 監査役の選任・責任
  • 役員報酬・退職慰労金・利益処分等
  • 業績・事業内容
  • 企業の社会的責任・環境及び政治的問題
  • 株主提案に対する判断
  • その他個別議案に対する判断